商標の早期審査を受けるための2個の条件

商標の登録は申請手続きが行われてからおおよそ3〜7ヶ月ほどかかります。もし不備が見つかり、申請が拒絶された場合には、再度申請内容を見直すなどしている間におおよそ1年におよぶ長丁場になることもあります。 この投稿の続きを読む » «商標の早期審査を受けるための2個の条件»

2013年4月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:商標コラム

商標の審査基準について

商標の審査基準は公に決まっているもので、誰でも自分で調べることができます。おおもとを挙げれば、審査基準は商標法3条と4条に規定されています。とはいえ、その解釈はなかなか普通の人間には難しいものです。
この投稿の続きを読む » «商標の審査基準について»

2013年4月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:商標コラム

商標登録時にかかる費用がわかりづらい

商標を取得するにあたって、必要な費用は考慮すべき大きな問題です。一般的に商標登録には特許事務所に依頼することが多いでしょう。ただ、実際どんな費用がかかるのか、一般的な費用体系はどんなものなのかつかめていないと判断に迷うことも多いでしょう。
この投稿の続きを読む » «商標登録時にかかる費用がわかりづらい»

2013年4月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:商標コラム

マークやロゴの商標登録で気をつけること

商標は文字商標だけでなく、ロゴマークやキャラクターなど、商品や役務を識別するにあたり目印となるデザインも図形商標として登録できます。一般的に図形商標は二次元のものが多いのですが、立体商標も認められています。
この投稿の続きを読む » «マークやロゴの商標登録で気をつけること»

2013年4月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:商標コラム

商標登録の区分、指定役務と区別選択時に気を付けること

商標登録時に注意すべきことはいくつかあります。

まず、何より確認すべきは、自分の考えた商標や類似するものが、すでに他者によって登録されていないかどうかです。登録商標はオンラインで無料検索できるので、登録前にまず自分の商標が他者の商標を侵害していないかきっちり確認しましょう。
この投稿の続きを読む » «商標登録の区分、指定役務と区別選択時に気を付けること»

2013年4月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:商標コラム

商標権の減価償却について

商標権は会計上、無形固定資産と判断されるため、商標権の取得に費やした支出は資産として計上し、減価償却していくことになります。
この投稿の続きを読む » «商標権の減価償却について»

2013年4月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:商標コラム

会計上、商標権はどう仕訳ればいい?

商標の登録には、まず商標を作り、特許庁に所定の手続きで登録出願をします。

商標がロゴマークなどの場合、デザイン会社などにお金を支払って用意することもあるかもしれません。また、出願手数料に加え、登録が認められた後も、登録手数料や印紙代が請求されます。

この投稿の続きを読む » «会計上、商標権はどう仕訳ればいい?»

2013年4月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:商標コラム

既に登録されている商標・商標登録番号の検索方法

商標を登録するときは、自分の考えた商標がすでに登録されている商標と類似してないか気になるものです。

いったいどんな商標が登録されているのか、気になったとき役立つのが、特許庁が保有する情報だけでなく、日本以外の各国の情報も蓄積されている、独立行政法人工業所有権情報・研修館による特許電子図書館の無料検索サービスです。

この投稿の続きを読む » «既に登録されている商標・商標登録番号の検索方法»

2013年4月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:商標コラム

商標法を違反したときの罰金はどれぐらいかかる?

商標法に触れる機会というと、仕事や業者でなければあまり遭遇しないように感じられるかもしれません。しかし、商標は生活の身近なところにあります。

例えば、偽物のブランド品を間違えてオークションに出品してしまえば、落札者がいなくても、それだけで商標法に抵触することもあるのです。 この投稿の続きを読む » «商標法を違反したときの罰金はどれぐらいかかる?»

2013年4月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:商標コラム

商標法の目的とは?

商標法は、商標を保護することで、商標を使用する側の業務上の信頼維持を図ります。

その結果、産業の発展にもつながりますし、その商標が目印として機能することで需要者の利益も保護することが可能になります。 この投稿の続きを読む » «商標法の目的とは?»

2013年4月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:商標コラム

このページの先頭へ