文字商標の具体的な事例

商標登録で一番一般的なのが文字商標です。登録時に好みの書体を用いる以外に、標準文字制度が採用されて以来、商標が文字のみで構成される場合に、申請の内容に基づき、特許庁が規定の書体をもって登録することも可能になっています。

標準文字として商標を登録するには、まず特許庁によって定められた文字を使用すること。一般的な漢字、かな、アルファベットなどを用いればおおよそ問題はありませんが、複雑な記号などを組み込む場合は注意した方が良いでしょう。

文字商標なので、当然ながら図形や記号は組み込めません。書体を変更してデザインを施すこともできません。あくまで文字のみの構成で、ポイントも均等でなくてはいけません。スペースは連続して使用することができず、文字の長さはスペースも含めて30文字以内であること。縦書きであれば2段以上になってはいけません。

また、商標は基本的に白黒で、色を付け加えるとまた別の種類の商標になります。文字商標の場合色は指定できませんので、注意しましょう。

27_4128924
商標登録番号4128924

このページの先頭へ