弁理士が出す商標の調査報告書ってどんな内容?

商標登録は自力でも可能ですが、多くの場合、特許事務所に依頼することになります。商標の作成から、出願、審査中の拒絶対応、登録時の手続き、それから更新手続きもあります。これらの過程で、まず最初に特許事務所の弁理士に依頼することになるのが商標調査です。

商標調査は、登録しようとしている商標が問題なく登録されるか、使用する上で問題はないかなどの調査を指します。特許事務所により手数料は変わりますが、簡単に済ませようと思えばすぐにできあがる書類であるため、弁理士の腕や誠意が表れやすいと言われています。

基本的に調査報告書は登録しようとしている商標について、主要な登録要件に沿って確認していく内容になります。単なる普通名称ではないか、他者の商標権を侵害していないかなどです。

調査では、類似の商標がすでに登録されていないかなども調べられます。その報告として、どのような区分で調査を行ったか、どういう結果が得られたかなどが記載されます。結論は弁理士のコメントで結ばれ、登録の可能性、懸念、アドバイスなどがまとめられます。

このページの先頭へ