商標法の目的とは?

商標法は、商標を保護することで、商標を使用する側の業務上の信頼維持を図ります。

その結果、産業の発展にもつながりますし、その商標が目印として機能することで需要者の利益も保護することが可能になります。

商標法に似たものに、特許法がありますが、これは産業の発達を目的としています。商標法は、産業の発達だけでなく、需要と供給の双方に利益をもたらすことも包括されています。

商標法がなければ、言うまでも無く商標を保護するものがありません。

商標はブランドやトレードマークなどと言い換えられますが、つまり、商標が機能しなくなれば、商品やサービス(役務)を提供してきた業者などが、せっかくいいものを作り出しても、その名前を第三者が利用したり、模倣したりしただけの劣悪品が世に広まることが十分考えられます。

そのような状態では業者の向上意欲が殺がれ、産業の発展はもちろん見込めませんし、商品を購入したり、サービスを利用したりする需要者としても、安心して利用できない市場になってしまいます。

商標法は、単に商標の保護というだけでなく、その背景にある様々なことも保護しているのです。

このページの先頭へ