中国での商標登録で気をつけること

商標登録といえば、特許庁に登録出願するのが一般的ですが、これは日本国内の話です。世界の各国には、それぞれ商標権を管理する組織があります。日本国内の市場だけを取り扱う企業なら関係ありませんが、国際的に商品を売り出したり、サービスを提供する企業であれば、当然取り扱う国でそれぞれ商標を登録しなくてはいけません。

商標権の効力や手続き方法は各国によって違うので注意が必要です。その中でも特殊な例は中国と言えるでしょう。中国は今たくさんの企業が参入する大きな市場です。ですが、独特の文化にしばしば戸惑うこともあるようです。中国では日本の有名な商標がすでに他者に登録されていることもあり、なかなかすんなりと登録できない現状があります。

まず中国の商標登録は商標局に出願しますが、日本以上に時間がかかります。これは単純に中国で出願される商標の絶対数が増えているからです。何年もかかる覚悟で挑む必要がありますので、日本以上に事前調査が重要になってきます。

中国の商標を取り扱うのですから、中国の特許事務所に依頼することがほとんどです。ただし、日本以上に、中国には信用できない業者がいます。まず国家資格を有する弁理士かどうか確認しましょう。無資格の業者は日本で依頼を受けた後に本国の弁理士に依頼をしますが、不十分な知識で対応するため、意図するとおりに手続きが進まなかったり、不備で何度も時間と費用を割く必要がでることも考えられます。

また、香港は中国とは別に特許庁を設けていますので、こちらも手続きを忘れないようにしましょう。

このページの先頭へ