商標権存続期間更新登録申請書が却下される場合ってどんな時?

登録商標は最大10年で効力が失われます。権利を維持するには更新手続きが必要です。登録手続きは登録から10年後の満了日を基準に前後6ヶ月ずつ、1年の間に済ませます。満了日を過ぎての手続きは、登録料が割り増しになります。

更新登録の出願については、主に2点が審査対象となっています。まず、他の重複登録商標の商標権者などの業務にかかる役務と混同するおそれがあるかどうか。重複登録商標がある商標権については、出願や審査、登録の過程で通知されます。念のため、オンラインのデータベースや商標登録原簿で確認するのもいいでしょう。重複登録商標にかかる商標権については、通常の「商標権存続期間更新登録申請書」と違い「重複登録商標に係る商標権存続期間更新登録願」という様式で手続きを行います。

そして、もう1点は出願人が該当の商標権者と一致するかどうかです。そのため、申請書の不備としてあり得るのが、商標登録原簿と商標権者が相違する場合です。書類の記入漏れなaどの不備ももちろんありますが、このほか登録料が不足していたりという場合も。

不備は補充司令書として通知されますが、これと別に、却下されることもあります。この場合、おおよそ更新手続きを済ませる手は残っていません。理由としては、すでに商標権が消滅していたり、手続きの期間外であったりすることが考えられます。却下には弁明書でも対応できますが、多くの場合、却下処分の完了通知を待つのみとなります。

このページの先頭へ