商標の早期審査を受けるための2個の条件

商標の登録は申請手続きが行われてからおおよそ3〜7ヶ月ほどかかります。もし不備が見つかり、申請が拒絶された場合には、再度申請内容を見直すなどしている間におおよそ1年におよぶ長丁場になることもあります。

審査の期間は、商標を使用する商品やサービス(役務)の区分によって変化します。ただし、この審査期間を早める制度があります。うまく条件が合えば、最短で1ヶ月、平均でも1ヶ月半での登録が可能です。

この早期審査制度を利用するには、商標を巡る状況も含め、大きく分けて2つの条件を満たしている必要があります。まず、登録したい商標をすでに利用していること、あるいは使用するに当たり、相当準備を進め、すぐに使用できる段階にまできていること。

次に、第三者から使用許諾を求められている、あるいは海外でも出願しているなど、登録に緊急を要する事情が必要です。通常の審査に比べ、早期審査では特に追加の手数料は発生しませんが、事情説明書が必要になります。特許事務所に依頼していれば、この書類作成の手数料が発生することがあります。

このページの先頭へ