商標登録時にかかる費用がわかりづらい

商標を取得するにあたって、必要な費用は考慮すべき大きな問題です。一般的に商標登録には特許事務所に依頼することが多いでしょう。ただ、実際どんな費用がかかるのか、一般的な費用体系はどんなものなのかつかめていないと判断に迷うことも多いでしょう。

まず、登録に欠かせない費用があります。商標登録申請時の手数料と、登録が認められた際の手数料、それに印紙代です。これは必ず特許庁から請求されることになります。

これとは別に、商標の考案を外部へ依頼すればその費用も発生することになります。例えば、コピーライターやデザイナーなどです。

対して、特許事務所などに手続きの依頼をする費用もかかります。この依頼には類似する商標がすでに登録されていないかという事前調査も往々にして含まれているため、商標の考案と同時に進行することもあるかもしれません。

特許事務所の料金は、主に事前調査、申請時の手数料、登録が拒絶された際の対応費用、登録手続き完了時の謝金などに分類できます。この中に、例えば印紙代はサービスで含まれるか、登録申請拒絶時の対応費用は別途かかるのかなどの細かな差が事務所によって出てきます。

特許庁に払う費用は出願時の区分数などで決まっていますので、ウェブサイトなどで調べてみましょう。特許事務所はピンキリですが、おおよそ10〜15万円前後が多いようです。料金プランやサービスの内容を吟味することで、自分に適した安いプランを選ぶことができるでしょう。

このページの先頭へ