立体商標の具体的な事例

立体商標は1997年より登録可能となった、比較的新しい商標の種類です。それまで商標と言えば、文字、記号、図形などで、立体的な形状は商標として保護されていませんでした。すでにアメリカをはじめ、国際的に認められていた種類であったため、他国と調和をとるために認められるようになったと言われています。

商品やサービスを識別するにあたり、欠かせない独自の立体形状が商標として認められます。文字と同じように、工夫された独自性のある形状が対象となり、すでにありふれている形は登録対象外となります。有名な例ではコカ・コーラのボトルのデザインがあります。日本でおなじみのものと言えばお土産で有名な「ひよ子」もあの立体形状で商標登録しています。

ほかには、不二家のペコちゃん人形もあの形状を保護するため商標登録しています。キャラクターは平面のデザインだけに限らず、立体商標としても登録することがよく見られます。

30_4157614
商標登録番号4157614

このページの先頭へ