商標法を違反したときの罰金はどれぐらいかかる?

商標法に触れる機会というと、仕事や業者でなければあまり遭遇しないように感じられるかもしれません。しかし、商標は生活の身近なところにあります。

例えば、偽物のブランド品を間違えてオークションに出品してしまえば、落札者がいなくても、それだけで商標法に抵触することもあるのです。

海外から偽物を持ち込むのはダメというのも有名な話ですね。仮に偽物と知らなくても、何回も取り扱う回数を重ねたり、大量に取り扱っていると悪質として取り締まりの対象になることがあります。

商標法に違反すれば、どのような罰則があるのでしょうか?商標権を侵害した場合、10年以下の懲役、または1,000万円以下の罰金が科せられると決められています。

懲役だけの場合や罰金だけの場合もありますし、悪質と判断された場合は両方が合わせて科せられることもあります。軽ければ30~50万円程度の罰金で済むそうですが、どうなるかは実際に商標権を侵害していたときの悪質さがどう判断されるか次第となります。

もし侵害していたのが法人や従業員であった場合、企業にも3億円以下の罰金刑が科せられます。また、商標に登録しているとウソをついて脅迫に及ぶ行為も犯罪になります。

このページの先頭へ